スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SJC ショウネンジャンプチャンピオンシップ アナハイム

前置き

4/29にロサンゼルス近郊の都市アナハイムで行われたチャンピオンシップ上位8名のデッキを紹介いたします。(4月開催の記事とか、どんだけ書くのぐずってたんだよおれ)
アメリカ最大の都市ロサンゼルス近郊とあって、位置づけ的には東京・大阪のように数々のトッププレイヤー存在し、流行のデッキなどが生み出されているのではないでしょうか

大会参加人数は200~400ぐらいだっと思います。(詳しくは忘れたのでしらべておきます)

また、ネ●ミランドもすぐ近くにありますw

今年の、世界選手権もロサンジェルス市内(?近郊?)のサンタモニカで行われれるので参考になるのではないでしょうか

自分も参加したかったのですが大会管理者にメールを送って返信を頂いたのが大会前日とかw飛行機の予約もへったくれもありませんでした(泣)
<融合デッキ有>と表記されているデッキには融合デッキが存在しているので脳内補充しておいてくださいよろしくお願いします。
それと、今回は私のぬるいコメントは無しで行きます。


SJC ショウネンジャンプチャンピオンシップ アナハイム

マイケル・ソンローク 優勝 総合1位
<モンスター>
《終焉の王デミス》3
《デビルドーザー》3
《マンジュ・ゴッド》3
《甲虫装甲騎士》3
《センジュ・ゴッド》3
《ソニック・バード》3
《鉄鋼装甲虫》
《クリッター》
《ネオバグ》2

<魔法>
《高等儀式術》3
《突然変異》2
《早すぎた埋葬》
《大嵐》
《光の護封剣》
《奈落との契約》
《巨大化》2
《ハリケーン》

<罠>
《激流葬》
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《グラヴィティ・バインド-超重力の網-》
《破壊輪》
《強欲な瓶》2
《威嚇する咆哮》2
《魔法の筒》


<サイドデッキ>
《無謀な欲張り》
《畳返し》3
《王宮のお触れ》2
《氷帝メビウス》2
《ツイスター》
《闇の支配者-ゾーク》
《封魔の呪印》
《貪欲な壺》

<融合デッキ有>


クリス・ボーリング ファイナル敗退 総合2位

<モンスター>
《混沌の黒魔術師》
《人造人間-サイコ・ショッカー》
《D-HERO ダッシュガイ》
《E・HERO エアーマン》
《創世神》
《D-HERO ダイヤモンドガイ》2
《カードガンナー》2
《D-HERO ディアボリックガイ》 3

<魔法>
《大嵐》
《デステニー・ドロー》3
《魔法石の採掘》
《神剣-フェニックスブレード》3
《早すぎた埋葬》
《ライトニング・ボルテックス》3
《増援》2
《光の護封剣》
《次元融合》
《手札抹殺》
《強奪》
《モンスターゲート》3
《名推理》1
《打ち出の小槌》

<罠>
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《威嚇する咆哮》2


<サイドデッキ>
《賢者ケイローン》
《マジック・キャンセラー》2
《サイクロン》
《押収》
《ツイスター》2
《マインドクラッシュ》
《リビングデッドの呼び声》
《激流葬》
《王宮のお触れ》2
《封魔の呪印》3


ブライアン・ハンレイ セミファイナル敗退 総合3位

<モンスター>
《鉄鋼装甲虫》
《メタモルポット》
《クリッター》
《天界王シナト》
《甲虫装甲騎士》2
《ネオバグ》2
《デビルドーザー》3
《センジュ・ゴッド》3
《マンジュ・ゴッド》3
《ソニック・バード》3
《終焉の王デミス》3

<魔法>
《ハリケーン》
《大嵐》
《サイクロン》
《奈落との契約》
《スケープ・ゴート》
《エネミー・コントローラー》2
《巨大化》2
《突然変異》2
《高等儀式術》3

<罠>
《王宮のお触れ》2
《グラヴィティ・バインド-超重力の網-》


<サイドデッキ>
《ハネクリボー》
《強奪》
《王宮のお触れ》
《押収》
《破壊輪》
《封魔の呪印》2
《D.D.クロウ》2
《デス・ウォンバット》2
《畳返し》3

<融合デッキ有>


シーラスカ・プーンソンバット セミファイナル敗退

<モンスター>
《サイバー・ドラゴン》3
《カードガンナー》 3
《D-HERO ディアボリックガイ》3
《E・HERO エアーマン》
《D-HERO ダッシュガイ》
《D-HERO ディスクガイ》
《クリッター》
《スナイプストーカー》
《人造人間-サイコ・ショッカー》
《混沌の黒魔術師》
《雷帝ザボルグ》
《D-HERO ドゥームガイ》

<魔法>
《突然変異》2
《洗脳-ブレイン・コントロール-》2
《ハリケーン》
《早すぎた埋葬》
《スケープ・ゴート》
《リミッター解除》
《デステニー・ドロー》3
《増援》
《地砕き》
《貪欲な壺》
《強奪》
《サイクロン》
《大嵐》

<罠>
《破壊輪》
《リビングデッドの呼び声》
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《激流葬》


<サイドデッキ>
《押収》
《手札抹殺》
《地砕き》
《王宮のお触れ》2
《威嚇する咆哮》
《ダスト・シュート》 2
《氷帝メビウス》2
《畳返し》2
《雷帝ザボルグ》
《魔装機関車 デコイチ》2

<融合デッキ有>


クリス・ウェアー クウォーターファイナル敗退

<モンスター>
《雷帝ザボルグ》3
《炎帝テスタロス》3
《氷帝メビウス》2
《サイバー・ドラゴン》2
《魔装機関車 デコイチ》3
《キラー・トマト》2
《墓守の偵察者》3
《クリッター》
《メタモルポット》
《スナイプストーカー》
《黄泉ガエル》

<魔法>
《洗脳-ブレイン・コントロール-》2
《クロス・ソウル》2
《地砕き》
《強奪》
《早すぎた埋葬》
《貪欲な壺》
《大嵐》
《サイクロン》
《月の書》

<罠>
《炸裂装甲》3
《破壊輪》
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《奈落の落とし穴》
《激流葬》


<サイドデッキ>
《D.D.クロウ》2
《ハネクリボー》2
《押収》
《畳返し》3
《王宮の弾圧》2
《王宮のお触れ》2
《ダスト・シュート》
《マインドクラッシュ》


アンドリュー・ノヴォア クウォーターファイナル敗退

<モンスター>
《魔装機関車 デコイチ》
《D.D. アサイラント》
《カードガンナー》3
《クリッター》
《キラー・トマト》2
《サイバー・ドラゴン》3
《雷帝ザボルグ》3
《炎帝テスタロス》3
《異次元の女戦士》
《墓守の偵察者》3
《スナイプストーカー》
《黄泉ガエル》
《人造人間-サイコ・ショッカー》

<魔法>
《貪欲な壺》
《エネミー・コントローラー》
《サイクロン》
《押収》
《強制転移》
《洗脳-ブレイン・コントロール-》
《地砕き》
《スケープ・ゴート》
《抹殺の使徒》
《大嵐》
《早すぎた埋葬》
《強奪》
《月の書》

<罠>
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《破壊輪》
《リビングデッドの呼び声》
《激流葬》
《炸裂装甲》
《奈落の落とし穴》

<サイドデッキ>
《畳返し》3
《マインドクラッシュ》
《ダスト・シュート》 2
《威嚇する咆哮》2
《デス・ウォンバット》3
《閃光の追放者》3
《氷帝メビウス》


ディヴィット・ロドリゲス クウォーターファイナル敗退

<モンスター>
《終焉の王デミス》3
《甲虫装甲騎士》3
《鉄鋼装甲虫》
《ネオバグ》
《デビルドーザー》3
《ソニック・バード》2
《マンジュ・ゴッド》3
《センジュ・ゴッド》2

<魔法>
《巨大化》3
《突然変異》2
《高等儀式術》3
《ハリケーン》
《大嵐》
《強奪》
《サイクロン》
《スケープ・ゴート》
《レベル制限B地区》
《早すぎた埋葬》

<罠>
《破壊輪》
《激流葬》
《グラヴィティ・バインド-超重力の網-》
《魔法の筒》
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《強欲な瓶》3


<サイドデッキ>
《おジャマトリオ》2
《自業自得》3
《仕込みマシンガン》3
《ディメンション・ウォール》2
《デス・コアラ》2
《ステルスバード》2
《クリッター》

<融合デッキ有>


ウエスト・トレイン クウォーターファイナル敗退

<モンスター>
《ならず者傭兵部隊》2
《キラー・トマト》2
《巨大ネズミ》2
《雷帝ザボルグ》2
《お注射天使リリー》2
《ハイドロゲドン》3
《サイバー・ドラゴン》3
《魂を削る死霊》
《阿修羅》
《N・グラン・モール》
《異次元の女戦士》
《クリッター》
《ニュードリア》

<魔法>
《早すぎた埋葬》
《強奪》
《抹殺の使徒》
《押収》
《大嵐》
《サイクロン》
《月の書》
《エネミー・コントローラー》
《スケープ・ゴート》
《突進》

<罠>
《ダスト・シュート》 2
《マジック・ドレイン》3
《破壊輪》
《激流葬》
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《リビングデッドの呼び声》


<サイドデッキ>
《賢者ケイローン》2
《デス・ウォンバット》3
《砂塵の大竜巻》
《神の宣告》3
《奈落の落とし穴》3
《畳返し》3


※おまけ(1分で訳した糞訳文付)
”完璧な”構築のガジェットデッキを全てのプレイヤーは模索したことがだろう、しかし誰も見出すことができなかった。ジュアン・レモスは完璧なガジェットを見つけ出すチャンスがあった。記述するように、彼は7-0と言う好成績でラウンド8に上り詰めた、我々が言う”※ガジェ拒絶”の構築と共に。※5ガジェととても似ている、そのデッキは、最小限のカードによって回されている。特に、このデッキは50枚という構築だが、これはジュアンにとって決して遅いものではない。構築を模索することで彼はそれに行き着くことができた。

よーわからんかった部分すまん、ごゆっくりぃ
※“Gadget Denial” build.
※Similar to 5th Gadget


<モンスター18>
《ドリルロイド》3
《スナイプストーカー》2
《ならず者傭兵部隊》3
《レッド・ガジェット》3
《グリーン・ガジェット》3
《イエロー・ガジェット》3
《N・グラン・モール》

<魔法>
《貪欲な壺》
《大嵐》
《サイクロン》
《押収》
《抹殺の使徒》
《平和の使者》
《スケープ・ゴート》
《ライトニング・ボルテックス》2
《地砕き》3
《地割れ》2
《死者への供物》2
《収縮》3
《リミッター解除》

<罠>
《破壊輪》
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《激流葬》
《銀幕の鏡壁》2
《マインドクラッシュ》
《畳返し》3
《神の宣告》3

この後も、解説みたいなのが書いてあったがダルぃので割愛。つーかよくわからない言い回しもあるし。まぁそれは俺が低脳だってことで。

彼はTOP8まで残っていなかったみたいですね



コメントの投稿

非公開コメント

ファイナリストは
センジュもソニックも3積みなんですね(;゚Д゚)

なぜメインに欲張りじゃなくて瓶なんですか?

あと、結構コメントが参考になっているのでまたよろしくお願いします。

>クリボーさん
はじめましてですよねーw?
全部3積みはデフォらしですねー

>ズケさん
いやいや、俺に聞かれてもそんなことわかりませんってw
たぶん、ドローを止めたくないからじゃないですか
それに、向こうの人は1ドローカード好きですしw
コメントは俺の気分ということでw

いえ、実は二個目~
奇跡の初期手札のときw

ん?よく見たらチャンピオンのデッキが40枚じゃない。

はじめまして。pi-trasです。

デミスドーザーのオール3積みは、西日本選考会ベスト16のぢさんもでしたね。完全なコンボデッキ構築ですね。

気になったのが2位にブレードが入っていることですね。日本ではブレードはもう消滅したとか言われてますけど構築とプレイング次第なんですね。

帝デッキにデゴイチが入っているのは何故でしょう?それも1ドローが好きだから!?

勉強になりました^^。

はじめまして、pi-trasさん。

そうですね、デミスドーザーは完全なコンボデッキですね。

ブレードは、色々規制がかかり弱体化がしたのは確かです、が既存のカードで十分に回すことができますよ。現に私もデッキケースの中にブレードデッキが未だに残っています。フライデーナイトでもたびたび使用しています。自分で海外勢などの構築を参考に組み立てて回してみればまだまだ回せるってことに気付かれると思いますよ。

デコイチに関していえば、それすなわちデコイチが強力なカードの一枚であるからです。1ドローが好きなのはみんなそうだと思いますが、1ドローが強いからです。何故1ドローが強いかと、結論から言わせて貰えばアド損をしないからです。

例えば、デコイチの反転からメビウスの2枚割る効果が綺麗に決まったとします。そうすると、これだけでアド+3ですね。さらに、デコイチはステータスにも恵まれたATK1400というドロー加速モンスターとしては破格のステータスを持っています。そして、機械族。キメラへの布石など汎用性がとても高いです。

こんな理由で、みんなデコイチ使っているんだと思いますよ。

最後になりますが、コメありがとーございます。
結構、励みになります←重要

これからも、つまらないブログですがよろしくお願いしますmm
プロフィール

ゆひ(カナダ)

Author:ゆひ(カナダ)
このブログは、カナダに行ってた男のどうでもいい電波を淡々と綴る物です。過度な期待はしないでください。



御用の方はコチラまで

リンクフリーです。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。