スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SJCショウネン ジャンプ チャンピオンシップ モントリオール

4月の中旬にモントリオールで行われたSJCのTOP8のデッキを紹介します。
シーサー・ゴンザレス 優勝 総合1位

<モンスター>
《伝説の柔術家》2
《黄泉ガエル》
《炎帝テスタロス》3
《氷帝メビウス》2
《雷帝ザボルグ》3
《魔装機関車 デコイチ》3
《サイバー・ドラゴン》3
《クリッター》
《墓守の偵察者》3
《魂を削る死霊》
《メタモルポット》

<魔法>
《月の書》
《貪欲な壺》
《押収》
《強奪》
《早すぎた埋葬》
《大嵐》
《洗脳-ブレイン・コントロール-》3
《クロス・ソウル》
《サイクロン》

<罠>
《破壊輪》
《激流葬》
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《炸裂装甲》3
《奈落の落とし穴》


<サイド・デッキ>
《閃光の追放者》2
《ハイドロゲドン》3
《エネミー・コントローラー》2
《収縮》2
《王宮のお触れ》2
《和睦の使者》
《王宮の弾圧》3

海外勢に見られる基本的な帝デッキ。特に、突っ込みどころもなく安定した構築なのでは無いでしょうか。個人的には、炸裂を減らして奈落の枚数を増やしたほうがいいと思いますが・・・。同様に洗脳&クロソにも同じことが言えます。


ジャスミン・ガウザー ファイナル敗退 総合2位

<モンスター>
《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》3
《機械犬マロン》2
《メタモルポット》

<魔法>
《ご隠居の猛毒薬》3
《火炎地獄》2
《スケープ・ゴート》
《光の護封剣》
《チェーン・ストライク》
《魔導書整理》2

<罠>
《自業自得》3
《魔法の筒》
《仕込みマシンガン》3
《グラヴィティ・バインド-超重力の網-》
《積み上げる幸福》3
《おジャマトリオ》3
《ディメンション・ウォール》3
《破壊輪》
《和睦の使者》3
《強欲な瓶》3


<サイド・デッキ>
《因幡之白兎》2
《無謀な欲張り》2
《ツイスター》2
《ダブル・トラップ》1
《死者への供物》2
《サイクロン》
《デス・コアラ》2
《レベル制限B地区》
《威嚇する咆哮》2

メタを読みきった地雷デッキ。サイドデッキがやっつけ仕事の多い海外勢のデッキにしては良いサイドデッキだと思いますよ。


デール・ベリッド セミファイナル敗退

<モンスター>
《炎帝テスタロス》3
《氷帝メビウス》2
《雷帝ザボルグ》2
《墓守の偵察者》3
《執念深き老魔術師》3
《魔装機関車 デコイチ》2
《サイバー・ドラゴン》2
《魂を削る死霊》
《見習い魔術師》
《黄泉ガエル》
《クリッター》

<魔法>
《洗脳-ブレイン・コントロール-》2
《クロス・ソウル》2
《大嵐》
《押収》
《貪欲な壺》
《強奪》
《早すぎた埋葬》
《月の書》
《抹殺の使徒》
《サイクロン》

<罠>
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《激流葬》
《破壊輪》
《炸裂装甲》3
《奈落の落とし穴》


<サイドデッキ>
《閃光の追放者》3
《異次元の指名者》3
《王宮の弾圧》2
《畳返し》3
《クリボー》
《サイバー・ドラゴン》
《D.D.クロウ》
《マインドクラッシュ》

モンの構築が温いかな。魔法の構築は個人的には、ドンピシャ。罠は・・・炸裂3はメビが2~3詰まれている環境では精神衛生上よろしくないかと・・・。サイドデッキでハンデスカードを採用するなら尚更、メインから老婆の枚数を減らして柔術家を投入するほうが良かったのではないでしょうかね。


クリス・サイモス クウォーターファイナル敗退

<モンスター>
《炎帝テスタロス》3
《雷帝ザボルグ》2
《氷帝メビウス》2
《墓守の偵察者》3
《サイバー・ドラゴン》2
《カード・ガンナー》
《キラー・トマト》2
《魔装機関車 デコイチ》2
《クリッター》
《黄泉ガエル》
《魂を削る死霊》
《伝説の柔術家》

<魔法>
《洗脳-ブレイン・コントロール-》2
《強奪》
《クロス・ソウル》
《地砕き》
《大嵐》
《サイクロン》
《貪欲な壺》
《早すぎた埋葬》
《月の書》

<罠>
《破壊輪》
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《激流葬》
《炸裂装甲》3
《奈落の落とし穴》
《万能地雷グレイモヤ》


<サイド・デッキ>
《閃光の追放者》3
《サイバー・ドラゴン》
《カード・ガンナー》
《クリボー》
《押収》
《異次元の指名者》3
《抹殺の使徒》
《畳返し》3
《マインドクラッシュ》

ツッコミどころはデール・ベリッド氏のデッキと同じですかね。


ジョナサン・コウヴィン セミファイナル敗退

<モンスター>
《混沌の黒魔術師》
《ならず者傭兵部隊》2
《サイバー・フェニックス》2
《カード・ガンナー》3
《スナイプストーカー》3
《人造人間-サイコ・ショッカー》
《メタモルポット》
《魔導雑貨商人》3
《魂を喰らう者バズー》3
《サイバー・ドラゴン》3

<魔法>
《機械複製術》
《地砕き》2
《早すぎた埋葬》
《エネミー・コントローラー》2
《大嵐》
《次元融合》
《強奪》
《未来融合-フューチャー・フュージョン》

<罠>
《死霊の巣》2
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《リビングデッドの呼び声》
《激流葬》
《異次元からの帰還》3


<サイド・デッキ>
《氷帝メビウス》2
《停戦協定》
《サイクロン》
《連鎖除外》2
《破壊輪》
《ライトニング・ボルテックス》
《畳返し》2
《オーバーロード・フュージョン》
《威嚇する咆哮》3
《マジック・キャンセラー》

<融合デッキ>
《サイバー・エンド・ドラゴン》
《キメラテック・オーバー・ドラゴン》2
《サイバー・ツイン・ドラゴン》3

機械複製術ピン刺しはなかなかいやらしい動きを見せてくれるのではないでしょうか。後半腐ってもスナイプがおいしく処理してくれるので安心。


クリス・ペロヴィック クウォーターファイナル敗退

<モンスター>
《カード・ガンナー》2
《混沌の黒魔術師》
《D-HERO ダイヤモンドガイ》3
《D-HERO ディアボリックガイ》3
《E・HERO エアーマン》
《ならず者傭兵部隊》
《人造人間-サイコ・ショッカー》

<魔法>
《手札抹殺》
《デステニー・ドロー》3
《次元融合》
《サイバー・フェニックス》
《神剣-フェニックスブレード》3
《大嵐》
《ライトニング・ボルテックス》3
《魔法石の採掘》3
《モンスターゲート》3
《早すぎた埋葬》
《名推理》2
《増援》2
《強奪》

<罠>
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《威嚇する咆哮》3


<サイド・デッキ>
《D-HERO ダッシュガイ》
《ならず者傭兵部隊》
《押収》
《サイクロン》
《名推理》
《ツイスター》3
《マインドクラッシュ》
《王宮のお触れ》3
《ダスト・シュート》3

このデッキは自分でも回してみた感想、運任せ感が否めないデッキなのでこの位置が妥当ではないでしょうか。しかも、多くのプレイヤーがサイドデッキにハンデスカードを搭載しているのでサーチリクルート・回収してきたカードを落とされ苦戦をしいられたのではないでしょうか。


カイル・アンドリュース クウォーターファイナル敗退

<モンスター>
《炎帝テスタロス》3
《雷帝ザボルグ》2
《氷帝メビウス》2
《サイバー・ドラゴン》3
《魔装機関車 デコイチ》3
《クリッター》
《黄泉ガエル》
《魂を削る死霊》
《墓守の偵察者》3
《伝説の柔術家》
《カード・ガンナー》2

<魔法>
《月の書》
《地砕き》2
《洗脳-ブレイン・コントロール-》2
《クロス・ソウル》
《大嵐》
《貪欲な壺》
《サイクロン》
《強奪》
《早すぎた埋葬》

<罠>
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《破壊輪》
《奈落の落とし穴》
《万能地雷グレイモヤ》
《炸裂装甲》3
《激流葬》


<サイド・デッキ>
《抹殺の使徒》
《異次元の指名者》2
《押収》
《閃光の追放者》3
《D.D.クロウ》2
《クリボー》2
《畳返し》3
《マインドクラッシュ》

サイドが環境を読みきれてないような。蟲デミスを警戒し過ぎたのかな。


アンドレ・ボーゲス クウォーターファイナル敗退

<モンスター>
《終焉の王デミス》3
《デビルドーザー》3
《ネオバグ》3
《甲虫装甲騎士》
《鉄鋼装甲虫》
《マンジュ・ゴッド》3
《ソニック・バード》3
《センジュ・ゴッド》

<魔法>
《高等儀式術》3
《巨大化》3
《突然変異》2
《大嵐》
《奈落との契約》
《早すぎた埋葬》
《光の護封剣》
《ハリケーン》

<罠>
《和睦の使者》2
《無謀な欲張り》2
《聖なるバリア-ミラーフォース-》
《魔法の筒》
《グラヴィティ・バインド-超重力の網-》
《破壊輪》


<サイド・デッキ>
《激流葬》
《サイクロン》
《ツイスター》
《メタモルポット》
《畳返し》3
《王宮のお触れ》3
《封魔の呪印》2
《素早いモモンガ》3

<融合デッキ>
《サイバー・ツイン・ドラゴン》3
《ガトリング・ドラゴン》2
《フュージョニスト》
《フレイム・ゴースト》2
《スーパービークロイド-ジャンボドリル》

前々回(辺りの^^;)のSJCで突如メタゲームの一角に登場した蟲デミス1キル。まぁ、運任せ感が否めませんが・・・。


<デッキ比率>
帝 4
バーン 1
デミス 1
次元 1
デステニーブレード 1

<考察>
海外環境ではやはりと言うか何と言うか、帝が人気のようです。昨年から期待されていたガジェは、ほぼメタから姿を消してしまったかの様に思います。「伝説の柔術家」が流行している中、ガジェでは攻撃力不足なのでしょうか。しかし、稀に地雷デッキとしてポッと出てくることもあるので注意を怠っては行けません。

まだ、色々書きたいことがあるのですが・・・だるぃのであとは脳内補充でお願いします。(それに俺なんかより考察うまい人なんていくらでもいるっしょwってことで)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:ゆひ(カナダ)
このブログは、カナダに行ってた男のどうでもいい電波を淡々と綴る物です。過度な期待はしないでください。



御用の方はコチラまで

リンクフリーです。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。