スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るーる

「見習い魔術師」のコントロールを得て自爆特攻をすると自分が効果を発動することができると言う情報を耳にしたのでアッパーデックで調べてきた。


■「見習い魔術師」
以下現裁定
If you take control of your opponent's "Apprentice Magician", and it is destroyed as a result of battle, then your opponent (the original owner) will get to Special Summon. Because “Apprentice Magician” is no longer on your side of the field, it is now in the opponent’s Graveyard (or removed from play area).

訳;もし、あなたが"対戦相手"の「見習い魔術師」のコントロールを得て、それが戦闘によって破壊された時、あなたの"対戦相手"は特殊召喚の権利を得る。なぜなら、「見習い魔術師」が既にあなたの場に存在していなく、「見習い魔術師」は対戦相手の墓地または除外ゾーンにあるからである。

裁定が日本と同じになっている。このことは世界大会を目指す日本のプレイヤーも覚えておいて損はないと(おれが)思いたいw

■「サイバー・フェニックス」

「死のマジック・ボックス」等の2体対象にする効果の片方に選択した場合は無効にできない。これに関する裁定は日本と同じらしい。

ついでに、サイバー・フェニックスの誘発効果に関する質問の回答を調べてみたが乗って無かったので後日、アッパーデック社にメールすることにする。(今はだりぃーよw)


■「浅すぎた埋葬」
世界大会で問題になった裁定が現在でも可能か調べてみた。が、そもそも「浅すぎた埋葬」に関する項目が設けられていなかったのでこれも後日メール

相手の墓地にモンスターが無い時に発動が現在でも可能なら悪いことができるわw

■「ならず者傭兵部隊」
知りたいことで載っていない。スキドレ下で使用可能なのか?これも後日メール。ただ「ネフティスの鳳凰神」の項目に、「Because this effect activates in the Graveyard」っと墓地効果に関する事が載っていたので墓地で効果が発動するという認識はあるらしい、多分可能だろう。問題は生贄が、コストと見なされるか効果の一貫だと見なされるか。



ついでにFAQ読んでいる間に覚えた単語
Continuous Effct(永続効果)
Trigger Effct(誘発効果)
negate(打ち消す・無効化する)
スポンサーサイト
プロフィール

ゆひ(カナダ)

Author:ゆひ(カナダ)
このブログは、カナダに行ってた男のどうでもいい電波を淡々と綴る物です。過度な期待はしないでください。



御用の方はコチラまで

リンクフリーです。

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。